3月, 2014年

電話エッチが終わったっら

2014-03-14

恋人とのエッチの後のアフタ−ケアの重要性は皆さんも認識されているかと思います。
後戯を通じて2人の愛を確認する事で、更に互いの仲は親密度を増して行くのです。
ですがテレビ電話エッチの相手のパフォ−マ−は、サイト運営者から給料を貰って働いているプロであり、アナタの恋人で無いのは事実です。
「だったらアフタ−ケアなんて要らないだろ?」という声が聴こえて来そうですが、果たしてそうでしょうか?
実際のエッチでも、終わって即、そそくさと服を着てみたりシャワ−に立つ人は、何だかドライ過ぎて好感度を覚えません。
エッチの指南書でも常に目にする通り、後戯の重要性を軽く見てはならないのです。
優しく言葉をかける、そっと触れてあげるなどの行為を通じ、相手に自らの愛を伝える事が大切であり、
とりわけ女性はテレフォンセックスごの余韻を大切に感じたい人が圧倒的多数なのです。
確かに本当の恋人関係では無いにせよ、テレフォンセックスで心身をさらけ出し合った相手同士ですから、相手に気持ちを委ねている状態なのです。
そんな相手の男性から行為が終わった直後に電話をいきなり切られてしまったら、むなしさだけに心身が包まれてしまって当然です。
だからこそ電話エッチが終わったなら、ある程度時間的余裕を持って相手に優しさを伝えてあげるべきなのです。
そして男性の中には「自分とのテレフォンセックスは良かったのか?」「どこがどう良かったんだ?」などと質問三昧をやらかす人も見られますが、
せっかく余韻に浸っている感覚を一瞬で冷ましてしまうような愚行と紙一重ですので、この辺りも十分注意しましょう。
むしろ男性側から「ここが良かったよ」と感想を伝えてあげた方がベタ−でしょう。
女性からすればそれがお客様が満足した事を確認出来る上に自信となりますので、次回更なるサ−ビスで感謝を伝え返してくれる事でしょう。

無理な要求をしない

2014-03-14

初心者がテレビ電話エッチに関して解釈違いをするケ−スが多々見られます。
それは「こちらはお金を払っているから相手は何だって言う通りにしてくれて当然」と思い込んでいる点で、
確かに利用者はお金を負担している客ですから、希望通りのサ−ビスを受けたいと思う気持ちは理解出来ます。
ですが相手は感情を持つ1人の女性ですから、無理強いはやはりマナ−違反なのです。
中でも顕著なトラブルとなる要求が「女性器を見せろ」であり、日本ではこれは違法行為に抵触します。
露出を強制する行為が過ぎると法律違反を防ぐ意味で結果相手から拒否されるばかりか、ペナルティとして利用制限を課されたり、
更には最悪退会処分となる可能性もあるのです。
そして自らの男性器を女性に露出する行為も同様で、自身の男性器を見ろと相手に強要する行為は最早、単なる露出狂と同じであり、
こうした愚行はたとえ1対1の閉塞空間であっても許される事では無いのです。
そして違法行為では無くとも、相手が嫌がる言動は控えねばなりません。
サイト運営者はこうした悪質会員からパフォ−マ−を保護する意味でも、パフォ−マ−の独断で特定の会員を拒否出来る機能や、
サイト側に悪質な行為を報告させ、該当者に利用制限を課す対策を講じているのです。
利用者の非常識な言動が結果、自らが本来楽しめるハズのサ−ビスの範囲を狭める事となるのです。
何より思いやりの気持ちを忘れずパフォ−マ−と接すれば、自ずと相手も心を開いてくれるモノなのです。
当然サ−ビスにも力が入るのが人間の心理です。
何よりサ−ビスの内容はパフォ−マ−の気持ち次第ですから、好印象を持ってもらうに越した事が無いのです。
常識とマナ−を守り、紳士的に気持ち良くテレビ電話エッチを満喫しましょう。

役立つテクニック

2014-03-14

テレビ電話エッチをよりエンジョイするには、やはり互いが一緒に快感を得る事がポイントですから、いかにして相手の気持ちを高揚させるのか、
この辺りのテクニックが鍵だと言えます。
相手の気持ちを盛り上げるコツに関してですが、とりわけ初心者は緊張と恥ずかしさから積極性を欠く傾向が見られ、
どうしても自分だけの世界に入り込みがちなのです。
結果言葉も音も発せなくなってしまい、相手に伝えるという部分が欠落してしまうのです。
テレビ電話エッチは相手の姿を確かめる事が出来るのが利点特徴ですが、やはりテレフォンセックスの1つのスタイルですから、音声が要なのです。
だからこそより臨場感のある音を相手に届けるべく、敢えて大袈裟に声をあげる、小道具を用いるなどの手法が考えられるのです。
それは例えるなら舐めたり吸ったりする音であり、普段は滅多に出さない音ですが、敢えてオ−バ−に音を出す事でリアリティを増す効果を狙うのです。
自らの指を舐めて吸う、あるいは受話器を舐める事で音を発生させるテクニックもあり、
更には棒付きキャンディやバナナなども用いる事が出来ます。
相手の身体の部分に見立てた小道具を用いる事で、相手はまるで自分がされている錯覚を覚えますので、より快感を伝え得る事が出来るのです。
とりわけ女性側が男性に対してこれらを行うと、効果が倍増するみたいです。
そして吐息や喘ぎ声も効果的に用いるとより効果大で、アナタの声の抑揚強弱が結果、相手にアナタの感情を伝える事となるのです。
実際に相手に触れる事が出来ないテレビ電話エッチですから、こうした声を用いた感情伝達が重要なのです。
相手も更に気分を高揚させてくれる事、間違いありません。
最初は恥ずかしさが邪魔をするかも知れませんが、一旦ふっ切れてしまえば結構大胆になれるモノですから、
積極的に音と声を駆使して、テレビ電話エッチでより大きな快感を共有して下さい。

命令してみる

2014-03-14

テレビ電話エッチに際しては、あくまで男性が女性をエスコ−トするスタイルでテレフォンセックスに優しく誘うのが定番となっています。
ですが必ずしも「こうでなければならない」という訳では無く、女性が主導権を握るパタ−ンも見られ、
テレフォンセックススタ−トへの導入部分は男女の組み合わせ次第でさまざまなのが実際のところです。
そしてこれは初心者には難しい手法ですが、敢えて命令口調でテレフォンセックスへと会話を進め誘う事も可能なのです。
男性側はSのキャラに徹し、言葉責めで相手をその方向に導いて行くのです。
相手との波長が合えば、乗って来てくれて指示通りの反応を届けてくれるかも知れないので、これも面白いスタイルだと言えるでしょう。
「服を脱いで!」「ここを触って!」などと命令口調で指示しながら相手の様子を楽しむのです。
恥ずかしがりながらも言う事を聞いてくれるのであれば、結構楽しめるプレイスタイルでしょう。
ですが中には男性から命令される事を嫌う女性もいますし、不快感が過ぎると結果、女性側がその気にならずその場が沈んでしまいますので、
この手法を実行する際には細心の注意が求められる事は覚えておきましょう。
特にテレビ電話エッチの経験が浅い場合、常に相手の反応には注意を払う事を忘れないで進めて行きましょう。
また反対にこちらが命令口調で責められる展開もあり、これも相手次第の事で、そうしたキャラを演じるタイプのパフォ−マ−である可能性が想定されます。
あたかもSMクラブと錯覚するような扱いとなる場合もありますが、命令されるのがイヤであれば断固拒否でも構いませんが、
これでは自らその場の雰囲気を壊してしまう事に繋がってしまいますので、命令口調でこちらから切り返してみるとか、興味本位で従ってみるのもアリです。
せっかくの体験ですから、新たな自分が発見出来るかも知れない未知の領域、楽しんだ方がベタ−なのは間違いありません。

相手をリラックスさせる

2014-03-14

テレビ電話エッチ初心者の多くの方が、テレフォンセックスは即行為をスタ−トさせ、終われば即電話を切る・・・そんな先入観を持っているみたいです。
ですがいきなりテレフォンセックスが始まる事は通常有り得ないのです。
あくまで普通の会話から徐々にエッチな方向に相手を誘う会話のテクニックが必要となるのです。
最初にやはり相手の情報をより沢山得ておきたい訳ですから、まずは無難な質問会話から入ると良いかと思いますが、
込み入り過ぎた質問はここでは不要ですし、何より個人情報を聞き出そうとする行為は不快感と警戒心を相手に芽生えさせてしまいますので、
答えに困らない質問を事前に準備しておきましょう。
名前、年齢、おおまかな職業などが無難です。
当然相手も自身の個人情報を安易に口にしない様に注意して話す事でしょうから、素の自分とは別のキャラクタ−を設定している可能性も考えられます。
それでも相手からの回答をキッカケに、そこから会話を膨らませて行きましょう。
基本は男性主導のスタイルで会話が進んで行く事が多いですが、女性が会話を引っ張って行くケ−スもありますので、
相手の様子を伺いながら臨機応変に会話を進め楽しみましょう。
そして次第に打ち解けて肩の力が抜けて来たのであれば、タイミングを見計らって少しずつエッチな話題も混ぜ込んで行きましょう。
互いの本来の目的はテレビ電話エッチで一致しているのですから、ここからは自然にプレイへと流れて行く事でしょう。
このようにポイントとなるのは「いかにして相手をリラックスさせるか」という部分です。
面識の無い異性との性的な会話ですから、当然緊張感を伴いますので、相手に対しての心遣いを忘れずに話し掛ける事で心を開いてもらいましょう。
それではこれらの事を念頭に置いて、アナタもテレビ電話エッチにチャレンジしてみて下さい。

Copyright(c) 2014 人気のエロイプ紹介《eyeniphotography》 All Rights Reserved.